So-net無料ブログ作成
検索選択

ナルト ネタバレ 602話 確定【画バレ】 [ナルト ネタバレ]

スポンサード リンク




ナルト ネタバレ 602話 確定【画バレ】

ナルト ネタバレ 602話 確定【画バレ】についての情報です!
ナルト ネタバレが熱い!やっぱ、人気漫画はおもろいぜ^^
ということで、ナルト ネタバレ 602話 確定【画バレ】を紹介しますが、
おっと、その前に、ナルト ネタバレ 601話 のおさらいをしていきましょう^^



ナルト ネタバレ 601話 「オビトとマダラ」


【ナルト】   「!!こ・・・こいつは・・・マダラだ・・・!!」

        「何で!?何であっちのマダラがこっちに居るんだよ!!?」

【ビー】    「おい!ナルト!だとしたら・・・」

【ナルト】   「向こうの皆はどうした!!?」

【マダラ】   「さあな・・・おそらく・・無事ではあるまいな」


~五影全員がやられている場面。~

しかし、息も絶え絶えの綱手が口寄せの術でカツユを呼び出す。

綱手の体が半分になっている模様。瀕死。


【綱手】    「私の半身は後でいい・・・それより・・・私のところへ

         影たちを。私なら・・・まだ・・・救える・・・」


スポンサード リンク




~場面かわってナルトたちとマダラのところ~

オビトがマダラにうちわを返す。


【オビト】    「そいつは返す、アンタのものだ」

【マダラ】    「オビト。八尾も九尾も入れ込む前に・・・中途半端に計画を始めたのか・・・」

         「今まで何をやっていた・・・長門はどうした?」

         「時を見計らい輪廻天生の術でオレは蘇る・・・そういう手筈だったハズだ」

【ナルト】    「死んでだ奴がひっかき回すな!!」


螺旋丸をマダラに当てようとするナルトだが、爆発ぜす逆にマダラの「うちは返し」で

吹き飛ばされる。


【カカシ】     「オビト・・・お前に何があったんだ・・・?どうしてあんな奴と・・・!?」



~大けがして包帯だらけのオビトに話しかける老人の場面。~


【オビト】     「ここは?」

【老人】     「あの世との狭間だ・・・うちはの者よ。」



-ナルト ネタバレ 601話 終-


ナルト601話ハラハラドキドキな面白い展開でしたねぇ。

さて、次の602話で気になるのは、オビトを助けた老人の正体が判明することですね!

噂では、老人はうちはの人間で、木の葉に深い恨みを持った人間らしいですよ^^

老人がうちわの者であるというのは、眼が写輪眼で有る事から判断できるし、

そして、オビトを助けたのは、同じうちはだった事と、オビトの友人であった

リンの死にざまを教える事で、オビトの怒りを木の葉にぶつける事が

出来ると考えたのです…

う~む、なるほどって感じでしょ^^;


ここから感じたことは、人の恨みって本当にコワイ^^;
これって漫画の話だけど、現実で深い恨みをもった場合って、
あらゆる仕掛けをして、人をうまくつかって恨みを晴らす、
なんてことはありそうですよね^^;

現実でも、いろ~んな奇妙な事件が多いけど、
結局、怨恨が一番多いんじゃないでしょうか…

人から恨まれるような人間にはなりたくないですね~

とまぁ、ナルトを読んで、わけのわからないことを
感じてしまいました^^;;;


次回のナルトも気になりますね~^^

また、情報が入り次第、ナルト ネタバレ 603話を
書きたいと思います^^

それでは、ナルト ネタバレ 602話 確定【画バレ】の情報を
終わりたいと思います。


スポンサード リンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。